おもかげリフォーム

“思い出の床材を再利用したい”そのリクエストにお応えしたリフォーム

家族の思い出が詰まった、ご実家が取り壊されることになり、それをきっかけにリフォームを決意。実家の”思い出”を素材とし、再利用することで、ご実家のおもかげを残す、温もりあるお部屋に生まれ変わりました。

建築概要

物件 東京都 K邸(2015年)
工法 造在来工法 2階建て1階部分
屋根
外壁 塗装
サッシ アルミ防犯合わせ複合ガラス
自然素材のオリジナルリビング
無垢の板、珪藻土と、自然素材に囲まれたLDK。かたわらのパソコンコーナーは、施工主の奥様のご要望にお答えし、オーダー家具でつくったオリジナル仕様です。リモートワークにも最適な作り。
ご実家の素材を再利用した和洋室
畳とひのきの無目板で構成された和洋室。ひのきは、ご実家を解体される際「最もお気に入りだった、この板をそのまま使いたい」との依頼に応えて、ハガシから仕上げまで大工さんが行い、再利用しています。
体に優しい、自然素材の部屋
ナチュラルカラーの壁は、自然素材の珪藻土。体に優しい素材を使い、窓に合わせたウッドブラインドを提案、カーテンも合わせてコーディネイト。
空気を逃さず、温かさをキープ
自宅に必要な要素の一つ、断熱。この設計では、一階の熱を逃がさず、密閉度を保つために、階段下をふさぐドアを設置しました。薄暗くなった部分には、ガラス枠を入れてあかりとりにしています。エアコンの効きも良くなるの、環境に優しい作りです。
PAGE TOP