大黒柱の家

家族の幸せを願う、大黒柱が支える家

一家を支える、昔ながらの”大黒柱”をあしらった、長期優良住宅認定の家。懐かしさと和モダンが同居する、高級感のある木造住宅です。

建築概要

物件 横浜市 W邸(2018年)
工法 木造在来工法 2階建て
長期優良住宅
延床 143.2㎡ 2LDK+S
屋根 金属系屋根 ガルバリウム鋼板
外壁 塗装ジョリパット仕上げ
サッシ アルミサッシ(電動シャッター)アルミ樹脂複合サッシ
LOW-E複層ガラス

“幼い頃に住んでいた、実家の思い出のイメージを、そのまま受け継いだ家にしたい”というお客様のリクエストで建てられた木造住宅です。家の中のどこからでもお庭が見える和風の設計で、風通しがよく、木の温もりを感じさせる作りになっています。

完全バリアフリーの優しい玄関
門から玄関から廊下まで段差がない、完全バリアフリー。玄関のたたきと、廊下に段差がなく、フラットになっています。実は、こうした完全バリアフリーには最適な「基礎の高さ」が必要。荒木ハウスのノウハウがあってこそ実現できるのです。
幸せを呼ぶ”大黒柱”が支えるリビング
昔ながらの、高級感ある北山杉の大きな大黒柱があるリビング。大黒柱は、家の支えとなり、家族に福を呼び込む繁栄の象徴とも言われています。床は天然素材の温もりある木、テラスは、昔ながらの縁側をイメージし、石目ちょうのフローリングにしつらえました。夏涼しく、冬暖かい、ペットの寛ぎスペースにもなっています。
メリハリの効いたシステムキッチンとコーディネイト家具
システムキッチンの面材は、メリハリをきかせてツートーンで配置。テーブルはトチの木の自然素材のものを採用しました。部屋のイメージに合わせて、家具までコーディネイトするのが荒木ハウスのこだわりです。
ウイルス対策は万全。玄関すぐの手洗い場
玄関の真横に位置する手洗い場は、外からのウイルスを寄せ付けず、部屋の中に持ち込まない作り。モザイクタイルはファッショナブルでデザイン性を重視、外からいらしたお客様にも、華やかな彩りで、明るい第一印象を与えます。
サンルームを兼ねた、室内干しスペース
広めの浴室の隣には、南の窓から差し込む太陽の光が明るい、サンルームを兼ねた室内干しスペースが。寒い冬でも外気に触れることなく、広々と室内干しができます
PAGE TOP