れもん邸

土地に合わせて作る眺めのよい家

永年住み慣れた家を建て替えることに…。モデルハウス「め組の家」を大変気に入られ、土地に合わせて採光、通風、眺めを考慮し、台形の家をテーマに健康住宅を設計。開放感あふれる家になりました。

建築概要

物件 横浜市 T邸(2004年)
工法 木造在来工法 2階建て
延床 137.3㎡ 2LDK
屋根 洋瓦、金属系屋根 ガルバリウム鋼板
外壁 塗装
サッシ 木製断熱サッシ木窓(電動シャッター)
アルミ樹脂複合サッシ防火戸
LOW-E複層ガラス

土地に合わせた眺めの設計、光の入り方、風の通り道を考慮。もとからあった家とは玄関の方角も変更し、まったく違う雰囲気とイメージで立て替えました。

楽しく料理ができる、明るく開放的なスペース
お料理好きのご家族が、とことん楽しめる使いやすく明るい、開放的なスペース。見た目を すっきりとさせるため、収納の仕方にもこだわりました。
陽光を取り入れた台形のリビング
無垢の板、珪藻土、床暖房など、健康に配慮した間取りです。部屋を台形にすることによって、真南に向くようになりました。また、正面にある集合住宅の視線をそらす目的も兼ねています。 デッキは、より開放的になるようにアイディアを凝らしました。室内からは レモンの木が見えます。
収納力抜群のオープン型ウォーク・イン・クローゼット
光が差し込む洋間は、趣味のスペース&くつろぎの場所。雑多なものが溢れてしまわないように、壁を利用したウォーク・イン・クローゼットは、左右どちらからでもアクセスできるようにしつらえました。
階段によるデッドスペースに収納を設置
北側に位置する階段は、内玄関から2階に上がれる作りです。暗くなりがちな北側も、トップライトを設けることで明るい階段に。階段下収納も充実しています。
大きめの収納ですっきりとした和室
LDK横の和室を、オープンで一体的な空間に。たっぷりの収納には、呉服、布団などが、すっきり収まっています。
PAGE TOP