そば処 海老民(生田)

時代に合わせて店舗をリフォーム

人気の店舗も、時代の流れに合わせてリフォームの必要性が出てきます。この店舗は、お客様のニーズにあわせ、小上がりのお座敷を、テーブル席に変え、1人用のカウンターも新規に設置。合わせて外観もリフォームしています。

建築概要

物件 川崎市 海老民(2014年)
工法 木造在来工法
1階店舗 2階住宅
延床 店舗のみ133.3㎡
屋根 コロニアル屋根
外壁 塗装
サッシ 既存のまま
入りたいと思わせる個性的な雰囲気
周囲からお店が際立つように、職人が手作りで一点ずつしあげる個性的な真砂土壁をお店の一番目立つ所へシンボル的に配置。外壁は全体的に蕎麦の色に塗り直しました。
モダンさを演出するライトアップ
夜は、真砂土壁を生かしたライトアップがされ、店舗の雰囲気づくりに役立っています。
高級感のある仕切り壁で奥行きある入り口
店舗入り口には、目隠しにもなる盾格子の仕切りを設け、趣のある雰囲気に。木製のスリット壁なので圧迫感もありません。奥行きを持たせることで、高級感も演出します。
一人でもくつろげる、真砂土カウンター
一人でのお食事でも、景観を重視し、目を飽きさせない作りに。真砂土壁とお庭を眺めながら、1人用のカウンターでもゆったり時間が過ごせるように設計しました
御座敷をバリアフリーに大改装
小上がりのお座敷だった場所を、段差のないバリアフリーにリフォーム。車椅子そのままでお食事を楽しめます。玄関から、着席、お食事、トイレまで車椅子でスムーズにうごける動線を確保しました。
PAGE TOP